Comments from students


セミナー受講後アンケート


 

M.Hさん

嚥下と体幹(全身の筋)との関わりについて知ることが出来た。

今までとは異なるアプローチ、視点を身に付ける事が出来ました。

 

K.Hさん

嚥下筋群のアプローチだけでは改善しないことが勉強になりました。

 

T.Eさん

動作協力が得られない方へのアプローチの方法がわかりました。

 

K.Yさん

今まで徒手的なアプローチは行う機会がなくイメージも湧きませんでしたが治療の幅が広がりました。

 

S.Tさん

シャキアで緊張が高まってしまう理由がわかった気がします。STでも実践できそうに

噛み砕いて説明や手技を教えていただけたことがよかったです 。

 

M.Tさん

腸腰筋など普段触らない筋へのアプローチを知ることができ大変勉強になりました。

 

 

F.Tさん

少人数で行っていただいたので手技を繰り返し練習できてよかった。すぐ臨床で使ってみたいです、気軽に質問できてとても楽しかったです。

 

M.Hさん

手技だけでなく11回ごとに評価することなど臨床全体に関わってくる大切な情報を教えていただくことができました。

 

R.Iさん

筋の名前や解剖を説明していただいた上で自分や他人の体を触れるのでとてもわかりやすかったです。呼吸が悪い人に対して筋力アップばかりを図る訓練をしていましたが、それだけではない事が大切だと教えていただけました。自分の体で効果を実感できたのは感動しました。手技を忘れないうちにいろいろな人の体を触ろうと思いました。

 

H.Aさん

STが教えてくれるので解剖的なこと、実技もわかりやすかったです。じっくり実技の時間があり、見ていただきながら実践できたのでよかったです。臨床でも実践できそうです 。

 

F.Hさん

身体面や様々な筋と嚥下の関わりについて学ぶ事が出来た。

 

S.Hさん

STも全身の筋肉がわかった方が良いと言う事はよく言われてきましたが、なかなかぴんと来ず後回しになっていたのですが、今回参加して効果が出やすくSTにとってとても大切なことがわかりました。

 

N.Nさん

手技の際の力の加減が自分では疑問だったので先生から直接学べてすぐ役立てていけそうです。ペアで練習したときに効果がすぐ目に見えて分かりすぎのやり方がよくわかりました。少人数なのが質問しやすくてよかったです。

 

T.Iさん(再受講)

実際の手技を詳しく教えてもらい自分で変化を感じられることができた。

セミナーに参加してから患者さんへのアプローチが楽しくなり訓練プログラムを考えるのにも大変役立っています。

 

Y.Sさん(再受講)

本当に臨床が変わります。

2回目の参加でより知識が深まりました。内容もアップデートしていて参加出来て良かったです。

 

T.Yさん(再受講)

前回参加したセミナーで教えていただいた手技が役立っているので他にも手技を身に付けるために参加しました。構音障害の患者さんに対して手技を行っていくことに自信をなくしかけていたがやっていて大丈夫だと思いました。


STが教える呼吸・発声セミナー

2017年7月23日

こちらの動画は実際にセミナーを受けて下さった、受講生の皆さんに直接お伺いしました。


臨床が変わる!!摂食・嚥下セミナー